初心者のための税金話

今日、領収書を元に仕訳の入力をしていた従業員さんが
「切手って非課税で入力したら・・・?あれ?」って言わはりました。
郵便局の領収書を確認すると(消費税  0円)って領収書に内訳の記載がある。
切手って消費税がかかっていないのでしょうか?
でも今回の8%増税の際に 80円 ⇒ 82円になったような・・・・
ん?
実は 消費税上、切手は 通常販売する場所で購入した場合は 非課税なんです。
じゃあ、消費税の計算上、切手購入代金は消費税がかかっていないとして
消費税の申告をしなきゃいけないの??(切手代は仕入税額控除できない?)

というと そうではない。ややこしいんですが
購入したときは非課税なんだけど、
役務の提供を受けたとき(手紙にはって郵送してもらったとき)に課税仕入(消費税がかかっている扱い)となるのです。

原則に基づいて、貼って使った分だけが 仕入税額控除として引けるから
いちいち 切手の使用分を確認するのは 事務が煩雑になるために
基本通達で継続して 購入した時に課税仕入として処理している場合は
その会計処理方法が認められています。(購入した時点で仕入税額控除に該当するとしていい)

領収書に「消費税額 0円」として書いてあるとちょっとドキってしますよね(笑

2014-12-31 | Posted in 初心者のための税金話