初心者のための税金話

ネットオークションの儲けが20万越えちゃった編

給与をもらっている給与所得者(サラリーマン、パート バイト)の方は
オークションで儲けた利益が
年間20万以下であれば申告不要というのは再三説明してきました。

ただし、これは「給与所得以外の所得が20万以下」ということですので
ほかにアフィリエイトの収入やちょっとしたガレージ貸しの収入なんかがあれば
それを全部たして所得が20万超えているかどうかになりますよ。

自分の着古した洋服など 生活用動産であっても、その出品回数や利益具合によっては

課税対象となってきますので まずそのあたりを 判断して
その上で 利益が20万越えてしまった場合は 申告が必要です。

ネットオークションでの所得申告は
「事業所得」で申告するか「雑所得」で申告するか  です。

会社員やほかに本業がある という方が たまたまネットオークションで 20万以上儲けた場合
いわゆる副業的にネットオークションなどをやっている)
「雑所得」(その他)で申告します。

ネットオークションを定期的継続的に行っている場合は
(定期的継続的に行っていても 年間20万以下であれば申告不要です)
「事業所得」として申告しなければいけません。

法文上は「~ 事業所得 ~のいずれにも該当しない所得を雑所得という」となっていますが
事業所得というほどでもない場合は雑所得ということです 

逆に言えば、取引個数や取引金額 取引回数 儲けの金額などで

「これは副業の域を超えているのでは・・」という場合は「事業所得」で申告
「事業所得」で申告した場合と「雑所得」で申告した場合
なにが違うのでしょう?

申告書の用紙が違います
事業所得→申告書B 

雑所得→申告書A        (他の状況によって異なる場合あり)

事業所得は

「開業届け」というものを所轄税務署に提出し「事業者」としての扱いを今後も 受けることと成ります。
青色申告決算書か白色申告の収支計算書を添付することになります。
青色申告の届出をださない限り 白色申告者となりますが
平成26年から 白色申告者も帳面をつけなければならなくなりました。
「適当」「ざっくり」は認められなくなってしまいましたので要注意です。

雑所得のほうは 
決算書や収支計算書を作成する必要はなく
収入の合計額 経費の合計額 差額(利益・所得)を確定申告書に記入すればいいだけです。
よく
「家の家賃とかも経費になるんでしょ?電気代とか入れたら経費はかかるし、そんな利益でてないと思います」と言われる方がいらっしゃいますが、家賃を全額経費にできるわけでもなく
電気代も 本当にかかった適正額を計上することになります。

特に 雑所得のほうは 出品手数料とか実際の商品の仕入れ代とか、実際に直接かかった支払いが経費として認められるくらいで使っているパソコンとか電気代 使っている部屋の家賃 封筒とかの文具一式なども経費にするとなると「事業所得」で申告しろということになると思います。

わざわざ専用のパソコンや部屋まで用意して(経費にするというのは理論的にそういうことになります)
ネットオークションをするというのはもう「本腰」ですよね
という税務署の判断です。

サラリーマンは本業のお勤めがありますので、そういった状況で どこまで経費性が認められるかについては(どれだけの時間 その副業に費やして 自宅をオークション販売に使っているのか)
事業一本でされている場合よりも 厳しく見られるのは
当たり前のことです。

記事アップ時の税制に基づき記載しております

2014-12-31 | Posted in 初心者のための税金話