初心者のための税金話

ゴルフ会員権を売っても節税になりません

昔はかなり高かったゴルフ会員権 投資目的で購入されたことも多かったようです。
しかし、値段はドンドン下がり~~売るに売れないゴルフ会員権もでてきました。

ゴルフ会員権を売却して 損をした場合、その損を他の所得と通算して 全体的な税金を下げることができました。

どういうことかというと、サラリーマンの方で 給与収入がある場合はその収入(ちゃんと言うと所得ですが)から ゴルフ会員権を売却してでた損失を引くことができたということです。

具体的にいうと
給与所得が200万あるとします。通常であればこれに対して所得税と住民税がかかりますが
300万で買ったゴルフ会員権が100万でしか売れずに200万損をしたとなると
この損 200万を給与所得200万からひいて 所得ゼロになり 税金が課税されません。
給与から天引きされている税金(源泉)がある場合は 確定申告をすることにより
ひかれていた税金がかえってくるということがありました。
(説明は所得控除など無視して わかりやすようとても簡略して書いています)

ところが、平成26年4月1日以降は
趣味、娯楽、保養または鑑賞の目的で所有する不動産以外の資産(ゴルフ会員権等)を
譲渡して生じた譲渡損失については
給与所得などのほかの所得と損益通算ができないこととされました。

ゴルフ会員権を売却して損が出てもなにも生かせない(?)ということになってしまいました。

2014-12-31 | Posted in 初心者のための税金話