初心者のための税金話

消費税を途中で納めることができるように

消費税率が8%になったことにより消費税の申告時に 納める金額も大きくなります・・・・
もともと 一年間の消費税額 地方消費税額を含めると60万円以上の事業者の場合は
途中で申告(中間申告)をして 前年の消費税の1/2を前もって納付することになっています。

個人事業主の場合には平成27年分から

法人の場合は 平成26年4月1日以後開始する課税期間(平成27年3月末決算分)から
地方消費税額を含めると60万円以下の事業者の場合でも任意で年一回の中間申告が可能となります。

任意に中間申告書(年1回)を提出する旨を記載した届出書を
納税地の所轄税務署長に提出すれば、その届出書を提出した日以後に
その末日が最初に到来する6月中間申告対象期間から、自主的に中間申告・納付することができることになりました。

消費税は、売上と共に受け取っていますのでその分をずっと普通預金にでも 別にとっておけばいいのですが
通常、そのようなことはせずに運転資金として まわしてしまっていますよね。
なので申告の際に 一年分の消費税を払うのは 負担感があります。

半年の時点で 税金を前払いをしておくのも選択の一つですね。

2014-12-31 | Posted in 初心者のための税金話