初心者のための税金話

不動産業の方は消費税申告方法の見直しを

以前にも記事にしましたが

平成27年4月1日以降 簡易課税制度のみなし仕入れ率が

下記の通り改正されます。

いまはこちら

事業の種類 みなし仕入率(改正前)
第一種事業(卸売業) 90%
第二種事業(小売業) 80%
第三種事業(製造業等) 70%
第四種事業(飲食店業・金融・保険・その他の事業) 60%
第五種事業(不動産業・サービス業等) 50%

平成27年4月1日以降↓

事業の種類 みなし仕入(改正後)
第一種事業(卸売業) 90%
第二種事業(小売業) 80%
第三種事業(製造業等) 70%
第四種事業(飲食店・その他の事業) 60%
第五種事業(金融・保険・サービス業等) 50%
第六種事業(不動産業) 40%

この改正によって

金融業・保険業・不動産業をされている方は(法人含む)

簡易課税を選択して 申告されている場合

消費税納税額が増えることになります。

簡易課税のほうが納税額が少ないのか、原則課税のほうが納税額が少ないのか

今一度 シュミレーションする必要があります。

個人事業主の方は 前年までに簡易課税取りやめの届出をださないと

原則課税に戻れませんので

平成26年中に シュミレーションをして判断する必要がありますね。

2014-12-31 | Posted in 初心者のための税金話