初心者のための税金話

株の売買 損失と利益を相殺しようと思ったらいつまでに取引?

株を売ったり買ったり 近年はネット取引をされる方が多いですが株を売って利益が出た場合も税金がかかります。

特定口座の場合は一年間の間に株を売って儲けた利益と株を売って損が出た場合の損失とを

相殺して税金の計算をします。

「今年の後半は 円安でずいぶん利益がでたし
 ずっと持っている塩漬けの株を売って 少しでも税金を少なくしようかな~」と

考えておられる方 取引するのは  今年は12月25日までです!

平成26年の取引は12月30日15時が最後。大納会というやつです。
では12月30日の15時までに取引すればいいんじゃないの? というのは間違い。

国内上場株式の年内受渡の取引最終日は12月25日(木)となり、

この日までの売却が平成26年の損益として計算されます。

12月末日決算・権利銘柄の権利付最終売買日も同日となります。

今年の損益について利益と損失の損益通算を狙うのであれば

平成26年12月25日中に取引を終えないとダメなのです。

私は数年前に これを知らなくて 失敗しました~

(年間取引報告書がきたら 自分が想定していた利益と違っていた・・・)

皆さまもご注意くださいませ。

2014-12-31 | Posted in 初心者のための税金話