初心者のための税金話

相続税・贈与税が変わります

すでに変更が決まっていて 平成27年1月1日から 相続税の計算方法が大きく変わります。

 

1 相続税

(1) 遺産に係る基礎控除額が引き下げられます。

(2) 最高税率の引上げなど税率構造が変わります。

(3) 税額控除のうち、

未成年者控除や障害者控除の控除額が引き上げられます。

(4) 小規模宅地等の特例について、特例の適用対象となる宅地等の面積等が変わります。

2 贈与税

(1) 相続時精算課税について、適用対象者の範囲の拡大など適用要件が変わります。

(2) 暦年課税について、最高税率の引上げや税率の緩和など税率構造が変わります。

3 事業承継税制(相続税・贈与税)

 事業承継税制について、適用要件の緩和や手続の簡素化など制度の適用要件等が変わります。

特に相続税の基礎控除額の引き下げ が大きいですよねぇ。

4人家族(両親 子供2人)で 親がなくなった場合

今までなら

8,000万まで遺産があっても相続税がかからなかったのが

4,800万以上は相続税がかかるようになるんですから。

この基礎控除

5,000万 + 法定相続人の数×1,000万  が

3,000万 +  法定相続人の数×600万  になるのですが

税理士試験受験時代を含め

5,000万 + 法定相続人の数×1,000万 が身に染み付いていて

なかなか 新しい基礎控除算式が頭に入ってきません。

「平成27年からは 基礎控除が6割に減額されるから・・」と

いったん 考えてからシュミレーションしている始末です。

2014-05-26 | Posted in 初心者のための税金話