初心者のための税金話

教育資金非課税贈与の注意点

平成25年4月1日から平成27年12月31日までの間に

30歳未満の孫に教育資金に使うお金を贈与した場合

1500万までは贈与税がかかりません。

という新しい法律が施行されています。

手続としては

税務署での手続きは不要で

贈与するお金を預ける金融機関に「教育資金非課税申告書」を提出します。

注意点

・教育資金非課税申告書は一枚しか提出できないので金融機関を選択する必要あり

・教育資金の支払った領収書を金融機関に提出することによって引き出しを行う。領収書提出は1年以内

・贈与を請けた人が30歳になった時に使い切っていない場合はその時点で贈与があったことになり贈与税がかかります。

・学校以外に支払われるもの(学習塾、そろばん、水泳教室など)も該当しますが学校以外に支払うものについては500万円が限度です。

従来からある「学費 生活費の負担の非課税贈与」もありますよね~

だから この教育資金の非課税贈与については

信託銀行のためじゃないの?なんていわれています。

違教育資金の非課税贈与と学費 生活費の負担の非課税贈与

との違いは

贈与者が亡くなってから使う教育資金についても

贈与できるという点です。

生前中は「学費 生活費の負担と贈与」を利用し、

相続開始後は教育資金贈与の非課税を使いきれる額の利用

をするのがいいのかな。

まぁいつ相続が開始するのか読めないですが(苦笑)

2013-09-21 | Posted in 初心者のための税金話