初心者のための税金話

住宅購入資金を親から税金かからず贈与 贈与税

自分が住む住宅を購入する場合

親や祖父母から購入資金の贈与を受けても 贈与税はかかりません。

という特例があります。

平成24年1月1日から平成26年12月31日までの間という

期限つきの特例です。

 

この特例を受けることができるのは

贈与を受けたときに日本に住んでいる か

今は住んでいないけど過去5年以内に日本に住んでいて日本国籍 か

住んでもいないし日本国籍でもないけど 贈与者は日本国内に住んでいる

のいずれかの場合の20歳以上の人

 

自分の親や祖父母から贈与でないといけません。

また贈与を受けた年の合計所得金額が2,000万円以下であること。

 

この条件の人は

 

日本国内にある新築(家屋床面積が50平方メートル以上240平方メートル以下)

または中古(※)の居住用物件の購入資金を

 

省エネ等住宅の場合

イ 平成24年のときは1500万円

ロ 平成25年のときは1200万円

ハ 平成26年のときは1000万円

省エネ等住宅外の住宅の場合

イ 平成24年のときは1000万円

ロ 平成25年のときは 700万円

ハ 平成26年のときは 500万円

まで非課税で贈与してもらえます。

なお

贈与されたお金で買った住宅に

贈与を受けた年の翌年3月15日までに取得して居住もしくは遅滞なく居住の用に

供さなければならないことや

この特例を使うという贈与の申告を行わなければならないことに

ご注意くださいませ。

(※)

(イ) 耐火建築物である家屋の場合は、

   その家屋の取得の日以前25年以内に建築されたものであること。

(ロ) 耐火建築物以外の家屋の場合は、

   その家屋の取得の日以前20年以内に建築されたものであること。

2013-09-25 | Posted in 初心者のための税金話