初心者のための税金話

贈与税の申告が電子申告できるように

ようやく 贈与税の申告が電子申告できるようになったみたいです。

電子申告の普及率をものすごーく目指している国税庁は

いーた君というキャラクターをつくってお金使ったり

税理士に「電子申告してください」って圧力(?)かけたり

確定申告時期の無料相談会場で 「自主申告」の精神もどこへやら

ガンガンとバイトがe-taxの入力を行ったりと

本当に必死です。

 

数年前

「そんなに電子申告を普及させたかったら 入力が簡単な贈与税を

できるようにしたらいいんじゃないですか?」って副署長に言ってみたことがあります。

 

贈与税は

一人の人が年間110万以上の現金や株や土地などの贈与を受けた場合

申告を行って 税金を払うというもの。

申告書も一枚だし

現金の贈与なんて 税率が自動計算になる電子申告がとても便利で簡単です。

 

そしたら

贈与税の申告者というのは少ないから 開発コストをかけても割りに合わない

とい答えでした。

 

つまり 電子政府を目指すということで 予算をつけて 舵をきったからには

財務省のメンツのために 電子申告件数の増加拡大が必須。

予算で最大限の効果をあげるためには 利用者の少ない贈与税にお金かけずに

年金所得者とか所得税申告の電子申告実施件数を無理やりに

あげたほうが 「数字」があがるというわけです。

 

「国民が便利だから」とか「本当の意味で普及させたい」ということは

考えてないんだなーと。

当時は なんか情けなくなりましたが(それがお役所の発想というか)

 

今回 く贈与税も電子申告にのるようになって

ずっと 贈与税で電子申告は行われないと思っていたので

意外でした。

2012-07-19 | Posted in 初心者のための税金話